上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレッチ

障害予防にストレッチ。

硬いのは身体にとってご法度。ストレッチで柔軟性を高めましょう。

でも、身体が硬いからといっていきなりがんばるのは危ない

徐々に柔軟性を高めていくことがポイント。

そして、まずは自分はどの部分が硬いのかを知ることが重要。

例えば、
 図1のようのに立った状態で身体を曲げたとき、 
 脚の裏の①と②のどちらが「突っ張る」感じが強いですか?

14c981ef(前屈)


 ①の大腿部分の突っ張りが強い人は、

続きを読む »

スポンサーサイト

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。