上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「毎日行っている運動」です。スポーツの秋!ですね。みなさん、毎日行っている運動はありますか?水谷は、朝、エレベーターを使わず階段を昇ることにしています。足が筋肉痛になったり、汗をかいたりしますが運動を行うようにしてから、体力がついたように思います。...
トラックバックテーマ 第1068回「毎日行っている運動」



ラジオ体操&簡単な筋トレ&ストレッチをほぼ毎日やってます。

健康維持のため始めた運動

只今、5ヶ月目に突入

ラジオ体操は

音楽をかけると自然と体が動くので

続けられたような気がします。

ラジオ体操って、真剣に取り組むと

意外とハードな体操なんですよね。

体重はあまり変化はないけど

体がしまってきました。

他に、肩こりもなくなり持久力をついてくるなど

効果が現れています。


このブログで運動の実践状況と効果について

綴っているので見てみてください。

老化は20歳を過ぎることから始まっています。

若い方も10年後、20年後のことを考え

運動習慣をみにつけてはいかがですか。

いま、きれいなラインをしている人も

何もしなければ、確実に40代では崩れてきます。

体重は変わらなくても皮下脂肪はついていきます。

ご注意を!!

老婆心ながら一言でした。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
ゆっくりと呼吸をしながのストレッチは

血行を良くするとともに

体を温め、冷えやむくみ、肩こりを

解消してくれます。

そして、寝る前にストレッチをすることは、

体脂肪を燃やすので、太らない体をつくることに

つながります。

体脂肪は酸素を使って燃えるのですが

睡眠中がもっとも体脂肪が燃える時間帯と

考えられています。

そのためにも

就寝前に血液循環を良くしておくことが必要。


みなさん、

運動をするとともに

ストレッチもぜひ寝る前にやるという

生活習慣を身につけてみませんか


人気ブログランキングへ
食べすぎは当然太る原因となりますが

過度な食事制限によるダイエットは

かえってやせにくい体を作ってしまいます。


太るのは、仕事や運動などで消費するエネルギーより、

食事でとるエネルギーが上回るからです。

体は余ったエネルギーをいざというときのために、

体脂肪に換えて蓄えてしまいます。

なので、食べ過ぎるとエネルギーがあまるので

太りだしてしまうのです。


だからといって、過度に食事制限をしてしまうと

体は飢えに対応して、

取り入れたエネルギー量に応じて基礎代謝力を

低下させてしまいます。

エネルギーを使わずなるべく溜め込むように

なってしまうのです。

それどころか、筋肉や内臓などの組織を壊し

健康を害してしまうのです。


健康で太らない体を作るためには

基礎代謝力を高めることが重要です。


基礎代謝に必要なエネルギーは主に

筋肉で使われます。

なので、基礎代謝力をあげるためには

筋肉を鍛えてその量を増やせばよいのです。


ということで、

適度な量の食事と適度な運動をすることが

健康で太らない体を作ることとなるのです。


過度な食事制限による一時的な減量は

5年後、10年後につけがまわってきますよ~ぉ!


みなさん、運動を習慣化させ

健康で若い体を作っていきましょうね。


人気ブログランキングへ
持久力は運動を長く続ける能力です。

運動を長く続けるためには

長く続けるだけのエネルギーが必要となります。

エネルギーの生成には2通りの方法があります。

一つは、
細胞内にあるミトコンドリアが酸素を使って
作り出す方法(ミトコンドリア系)

もう一つは
酸素を使わないで糖をエネルギーに変換する
方法(解糖系)です。

              続く・・・

人気ブログランキングへ
身体をやわらかくすることは、
太らない体をつくることであり、
ケガを予防することになります。

ストレッチ
身体をやわらかくする一つの手段。

「ストレッチはやっているよ。」というあなたも
再確認してみてくださーい。

正しいストレッチの方法
①準備運動をする
 ストレッチする前に準備として、軽い運動を行う。
 (わたしはラジオ体操をしてますよ~ぉ
 軽い運動をして心身ともにリラックスしてからストレッチ
 するといいですよ。

②ストレッチングは2段構えで行う
 軽めのストレッチ(軽く筋肉の張りが感じられるぐらい)
  ↓
 少しずつ強めていく(筋肉を十分に伸ばしストレッチ感を感じる)

 少しずつストレッチングしていくことで、
 筋肉が徐々に和らいでいきます。

③呼吸を止めない
 ストレッチング中は、呼吸を止めないで
 ゆっくり、リズミカルに行う。
 例えば、前屈運動では、息を吐きながら前屈し、
 姿勢を保持させながら息を吸う。

④正しい姿勢で行う
 次のように正しい姿勢で行う。
 ストレッチングしたい筋肉を筋を意識して伸ばす
 前屈では上部半身を丸くするのではなく、
 背中を伸ばして前に倒す。

 蜑榊ア亥屓譌祇convert_20100911000316
蜑榊ア暗誉convert_20100911000234前屈●

正しいストレッチで身体をやわらかくしましょう。

人気ブログランキングへ

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。